実は太りにくい食べ物とは?

実は太りにくい食べ物を把握しておきましょう!

太るのを防止したりダイエットをするためには、太りやすい食べ物を控えることが必要です。
太るからと控えていた食べ物の中には、実は太りにくい食べ物が太りにくい食べ物が含まれているかもしれません。
食べられないストレスを極力減らすためにも、まずはダイエット中でも大丈夫な食べ物を把握しておきましょう。
では、どのような食べ物が太りにくいのでしょうか。

そもそもなぜ太る太りにくいの違いがあるのか?

 

まず、太りにくい食べ物を知る前に、なぜ太る太りにくいの違いが出てしまうのかを知る必要があります。。
一般的に知られているのが、含まれているカロリーです。
カロリーが多いことで、使われないエネルギーが増えてしまい、脂肪として蓄えられてしまいます。
そのため、太らないためにはカロリーの摂取量を減らす必要が出てくるのですが、実はそれだけが太る要因ではありません。
太る要因とされている「糖質」「脂質」「たんぱく質」は、摂取すれば自然に太るわけではなく、エネルギーとして使い切れるのかどうかが重要です。
食べ物のカロリーが低くても、糖質だけが多く含まれていると、消費しきれなくなり脂肪に変わります。
糖質やたんぱく質も同様に、必要以上に多く摂取してしまうことで太るのですが、それぞれエネルギーとして使う用途が違うため、カロリーが多くても一つ一つがバランスなっていれば、消費しきれなくなる可能性が低くなり、太りにくい食べ物となります。

実は太りにくい食べ物とはどれなの?

 

・チャーハン

 

糖質たっぷりなご飯にプラスして油を使用して調理しているので、太りやすいイメージが強いですが、実はちょっと違います。
確かにご飯に含まれている糖質が多いのですが、調理の際に使用している油がご飯をコーティングして糖質の吸収を抑えています。
糖質の吸収をゆっくりすることで、血糖値急上昇の防止が可能となり、余った糖を脂肪に変える力を弱められます。
具材にお肉や卵そして野菜を使うことで、体に必要としているビタミンやミネラルも同時に摂取できるため、健康面でも優れています。

 

・バニラアイス

 

デザート自体太る食べ物と思われがちですが、バニラアイスは比較的太りにくい食べ物の一つです。
バニラアイスには、糖質が含まれているけれども、他のデザートに比べて少なめです。
さらに脂肪の増加を抑える効果がある「バニリン」が含まれているため、意外と太りにくい食べ物となります。
ただ、バニラアイスには様々な種類があり、乳脂肪が少ないとその分砂糖を多めに使われていることが多いので注意が必要です。

 

・ビーフステーキ

 

ビーフステーキは太るイメージが相当強いのですが、実は太りにくく、しかもダイエット時に食べてほしい料理の一つです。
牛肉には、たんぱく質が豊富に含まれていて、そればかり食べていれば摂取量が多すぎてしまい太ります。
ですが、たんぱく質は必要な筋肉を作るために必要不可欠な栄養で、脂肪燃焼にもつながってきます。
痩せるために一切摂取しないようにしていると、筋肉を作ることが難しくなり、ダイエット失敗する可能性が高まります。
カロリーを高めないように味付けと食べる量に注意すれば、太るどころか痩せる可能性を高められるためおすすめです。

 

 

・太りにくいからとそればかり食べるのはダメ

 

太りにくいからとそればかり集中して食べる人が多くいらっしゃいます。
たしかにそれなら太る可能性は低くすることも可能ですが、しかし良い食べ方とは言えません。
身体にとって必要な栄養をできるだけ不足しないよう食べ物で摂取していくことが必要です。
同じものばかり食べていると、含まれている栄養は毎日摂取できるため不足しませんが、含まれていない栄養の摂取が難しくなり不足します。
必要な栄養が不足すると、内臓機能が低下してしまい、エネルギー消費の効率や脂肪燃焼効率が低下し、その結果太りやすい身体になります。
太らないためにも、栄養バランスを考えて不足する栄養を極力減らすようにしていきましょう。

まとめ

太ると思われていた食べ物の中には、実は太りにくかったり、ダイエットの手助けをしてくれる食べ物が存在しています。
その食べ物が、どのような栄養が含まれているのか、そして太る要因がどこにあるのかを見ることで、太りやすい太りにくいの見分けができます。
ただ、どんな食べ物でも食べ過ぎたり偏りが発生すれば太り可能性が高まりますので、バランス良く適量で食べましょう。

 

無料相互リンク